英文学専攻ー理念・教育目標

英文学専攻の理念

英文学専攻(修士課程ならびに博士後期課程)は、英米文学ならびに英語学に関する専門的知識と研究能力の育成を目的として設立されたが、その後、英米文学、英語学、言語学という三つの専門分野を柱とし、それらの研究分野における専門的知識、研究能力やスキルを養うことによって、専門的研究者や高等・中等教育機関従事者の養成を目的とした教育を長年行なってきた。本専攻では、これまで多くの研究者を輩出し、多くの修了生が高等教育機関において研究職についている。また中等教育機関で活躍している修了生も多い。この専門的研究者や高等・中等教育機関従事者の養成は、今後も変わらず維持されていくべき主たる教育理念と目的である。

近年は、そうした研究者や教育者の養成の役割に加え、高度知識社会におけるニーズに応えられる論理的思考とスキルを身につけた高度職業人の育成をはかる役割が求められてきている。本専攻では、そうした多様化し、変化しつづける社会のニーズに柔軟に対応できる教育・研究プログラムを提供することにより、国際化社会で活躍できる幅広い能力をもった人材の育成、多様化する学生への対応も目的として掲げている。中学・高校の英語教員の再教育や、生涯学習の支援といった社会人教育も、重要な目的として認識されている。

英文学専攻の教育目標

英文学専攻では以下のような人材を育成する。

1.英米文学・文化および英語学・言語学に関する専門的知識、およびそれを研究するための能力を有する人材

2.高等・中等教育機関において、上記の専門的知識に関連する研究・教育に従事する能力を有する人材

3.高度知識社会におけるニーズに応えられるコミュニケーション能力と論理的思考力を有する人材(高度職業人としての実践知を有した人材)

4.国際化社会で活躍できる英語能力と幅広い教養をもった人材

5.(修士課程)修了に必要な授業を履修し「修士論文」を執筆することにより、専門性の高い知識と幅広い教養を身につけ、学際性・国際性のある研究能力を養い、教育の現場や国際社会で活躍できる人材

6.(博士後期課程)修了に必要な授業を履修し「博士論文」を執筆することにより、専門性の高い知識、幅広い教養、高い人間性に加え、研究者としてのモラルと学際性・国際性のある研究能力・技術、コミュニケーション能力、外国語運用能力を身につけた、アカデミックな世界だけでなく国際機関でも活躍できる人材

    コメントは受け付けていません。