英文学科について

さまざまな科目群

英文学科の特徴は、実践的な英語力の訓練のみならず、人文科学・社会科学・自然科学的な要素も混在した、守備範囲の広さにあります。同時に、文学系、英語学系、言語学系の三分野に渡って、各分野を専門とする教授陣が、個性を発揮した講義と演習を繰り広げます。

「英文学科」は必ずしも「英文学を勉強する」だけの学科ではありません。文学系の演習では、舞台で演じることもあれば、文学作品から文化・社会・ 歴史を探求する場合もあります。言語学系の演習には、人工知能や心理学に近い分野や、文化人類学的なフィールドワークをする分野もあります。また、英語学系の演習には、古文書を解読する考古学的な分野もあれば、文学研究と英語学研究の両方が同時に身につく文体論もあります。このように法政大学の英文学科 は、人文科学・社会科学・自然科学的な要素が混在しているのです。したがって、文系・理系にこだわらず、自分の興味と能力に合った学問領域に出会える学科 といえるでしょう。

ユニークな教授陣

こうしたカリキュラムを支えているのが、ユニークな教授陣 です。英文学科では、十数名の専任教員と、外部の専門家が、教えています。教員の専門は多岐にわたり、学生は英文学、米文学、英語学、言語学、実践英語、 比較文学を学ぶことができます。個々の学生の興味に基づいて決められる所属ゼミで研究の方法を身につけ、4年間の研究成果を卒業論文で結実させます。卒業 論文を書くのは大変ですが、それだけに達成感が高く、「卒業論文を書いてよかった!」という声が多く聞かれます。

1年生から専門科目受講可能。会話、作文能力そして IT

専門の講義は1年生から、演習は2年生から履修できます。演習で鍛えられたせいか、3年生の段階では基本的な語学力・ITの技術・人前で発表する要領が身についています。多くの卒業生から「これらの技術は、社会人になってからすぐに役立つ」 と好評です。

留学・大学院

英文学科には、夏季休暇にアイルランドで英語を学習する短期SAプログラムがあり、2009年度からは後期にアメリカで専門科目を履修する長期SAプログラムも始まっています。卒業後も英語や英米文学を学びたい人、英語教員になりたい人には、大学院進学が役立つでしょう。

柔軟で批判的な思考力を養成

英文学科で学ぶ一番大切なことは、卒業後すぐに役に立つものではありません。それは学生の頭と心のなかに深く沈殿し、発酵し、卒業後の人生において、ジワジ ワと長く効果を発揮していくものです。そんななにか、あえていえば「柔軟で批判的な思考力」へと育つ種子を、みなさんが見つける手助けをしたい、私たち教 員はそう考えています。

英文学科で取得できる資格

中学校教諭一種免許状(英語)、高等学校教諭一種免許状(英語)、図書館司書、学校図書館司書教諭、博物館学芸員、社会教育主事

コメントは停止中です。