SA (Study Abroad)

英文学科のSAプログラムは、学科の公式な派遣留学制度であり、密度の高い英語の授業と異文化体験によって、世界に通用するコミュニケーション力と適応力が身につきます。
SAプログラムは、下記の3つがあり、それぞれの目的に応じて出願することが可能です。

(1)夏期SA プログラム (University College Dublin)

ア イルランド共和国の首都ダブリンの名門大学 University College Dublin (UCD) での3週間の語学研修プログラムです。英語圏で生活し、他国からの留学生と机を並べて勉強することによって、英語力を集中的に身に つけ、英語文化への理解を深め、帰国後の勉学意欲を高めることが、目的です。

(2)後期SA プログラム (University College Dublin)

夏 期SAプログラムと同じ UCD での 14 週間の語学研修プログラムです。長期にわたって英語圏で生活し、勉強することによって、さらなる英語力アップをめざ します。また、ホームステイで現地の家族と交流することを通して、コミュニケーション能力を高め、異文化理解を深めることも、大切な目的です。

(3)後期SA プログラム (Fontbonne University)

ア メリカ合衆国ミズーリ州セント・ルイスにあるフォントボン大学で 16 週間、正規の学生として、英語だけでなくさまざまな分野の専門科目を学びます。アメリ カ人学生と一緒に専門科目を学んだり、現地の人々や他国からの留学生と交流することにより、英語力だけでなく専門的知識を身につけ、同時に異文化理解を深 め、コミュニケーション能力を高めることを目指します。自国の文化への興味と理解を深め、国際的な視野を持つきっかけにすることも、目的の一つです。

出願資格

  • 英文学科に在籍し、所定の審査を通過した学生
  • 心身ともに健康で、海外での生活に順応できる者
  • SA出発までに実施される説明会やガイダンス、帰国後の報告会などに参加できる者

選考方法

夏期SAプログラム (UCD) と、後期SAプログラム(UCD とフォントボン大学)とでは、選考方法が異なります。

  1. 夏期SAプログラム (UCD)
    応募者が募集人数を超えなければ、原則として、書類だけで選考します。
  2. 後期SAプログラム (UCD とフォントボン大学)
    応募人数に関わらず、両方とも書類選考と面接試験を行います。書類選考では大学での成績や英語力を中心に、面接試験ではコミュニケーション能力、勉学意欲、志望動機などを中心に、長期の留学に適しているかどうかを判断します。

※出願に際しては、コースにより出願資格や選抜方法が変更になることがありますので、詳しくは秋に実施されるSA説明会に参加してください。

コメントは停止中です。